【読書】 仕事のスピードを上げながら質を高める 最強のライフハック100

小山龍介著「仕事のスピードを上げながら質を高める 最強のライフハック100」を読みました。



 これまで、ライフハック的なものは、
コクヨのもの、勝間和代さんのものなど読んできましたが、
なんでみんな「100」にそろえるんでしょうかね?

参考:


https://kaji2jimu.work/archives/8817843.html

たしかに、1000だと多すぎるし、10だと抽象的過ぎるのかもしれませんが。
50とか、200とか無いのはなんでなんでしょう?

ライフハックについて書くとき、100というのが、キリの良い数字なんでしょうかね。

===

さて、それはさておき、本書について。
筆者は、「IDEA HACKS!」や、「TIME HACKS!」などの
「~~ HACKS!」シリーズを書いている人と言えば、
何となくイメージが浮かぶのではないかと思います。

その小山さんが、5章に分けて、100のライフハックをまとめているのが本書です。

===

章立てと、特に面白かった内容をいかにまとめます。

1章 時間ハック

  • 仕事5割増し時代を乗り切る「15分仕事ハック」
  • 10%の時間バッファーが余裕をもたらす
  • 5割で提出、完璧を目指すな
  • 明日できることは今日するな

2章 情報収集ハック

  • 情報を増やすな、スキーマを増やせ
  • ターゲットではない雑誌を読め
  • ビジネス雑誌は図版を飛ばし読みせよ
  • 答えを持つな、問いを持て

3章 整理ハック

  • 分類するな、収納せよ
  • ワンポケットの原則を崩してはいけない
  • すべて透明ポーチに放り込め
  • 毎日のコーデに悩まない服ファイリングの方法
  • なにも持たないミニマリストの見る夢

4章 集中と発想ハック

  • 人が集中できるのは1日30分しかない
  • 「ことば仕事」と「デザイン仕事」で音楽を変えよ
  • デジタルデトックスで感性を取り戻せ
  • マインドマップは情報同士を関連付けせよ
5章 チームハック

  • Zoomを使った遠隔会議
  • 意見を言うな、質問しろ
  • コーヒーマシンは現代の縁側だ
===

1つ1つのライフハックは、1、2ページに収められており、
図も多いので、サクッと読める本になっていると思います。

忙しいというひとは、せめて第1章の時間ハックだけでも読んでみると、
自分の時間を取り戻せると思うので、ぜひ読んでみてください。