【読書】 思考を1枚にまとめて、ノートに蓄積していくと、新しいアイデアが生み出せるかも

※かじとじむ(当サイト)は、ふだんはネット情報のまとめサイトですが、ときどき管理人が読んだ本をまとめています。読書タグや、ざっくりまとめタグからどうぞ!


柿内尚文著「パン屋ではおにぎりを売れ」を読みました。



本書は、

  • 10万部以上のベストセラー書籍を編集してきた著者が、
  • 企画時に使える自らの「考える技術」について解説し、
  • さらに思考ノートづくりについても言及した本です。

===

本書で紹介されている「考える技術」は、第3章にまとめられています。

内容は、やや初歩的かもしれません。

「アイデアの出し方」について、これまで解説本を読んできた方であれば、
既視感のあるアイディアが多いと思います。

また、
そこで紹介されている事例も、ビジネス書をよく読む人からすれば、
すでに知っているであろう、有名なものが多いように感じました。

なので、
単に「アイデアの出し方」が知りたいだけなら、
コチラの本をお勧めします。

いずれも、以前わたしが読んできた中で、面白かった本です。

===

なので、ここだけの内容で比較すれば、
本書をお勧めする理由はあまりないのですが、
今回、本書を取り上げた理由は、
「思考ノート」に関する記述があったためです。

以下、ノートをとることの魅力を、第4章の記述より抜粋します。

  • 頭のモヤモヤを吐き出せる
  • そのモヤモヤが、実は単純なことだったと気づける
  • 新しいアイデアが生み出せる
  • 感情の整理ができる
  • 捨てるべきこと(もの)がはっきりする

===

本書で紹介されている「思考ノート」は、シンプルなマインドマップです。

本書には、著者自身が手書きで書いたノートが掲載されていますが、
それは単純化して言えば、以下のようなノートです。

panya-onigiri

上記のように、

  • 中央に目標を書き、
  • そこから放射状にさまざまな「考えたこと」を書いていきます。

ここでのポイントは、「考えたことが1枚にまとまっている」ことです。

後から見た時に、中央にテーマが書かれているので、
何について考えたかが明確です。

これを続けると、考えたことをいくつも蓄積していくことができ、
結果的に、自分の考えたことが貯金されていくというわけです。

著者は、これを「思考貯金」と呼んでいます。

===

本書第4章は、本書全体から見れば20ページちょっとの分量しかありませんから、
立ち読みでもすぐ読めると思います。

ぜひ読んでみてください。

(宣伝)

  • 本を読みたいけど、読む時間が無い、
  • いまよりも、たくさん本を読みたい、

という方へ、オーディオブック(本を音読してくれるサービス)をおすすめしています。

近年有名になっているサービスとして、

ぜひお試しください。