【読書】 ニュース中毒になるのは、もうやめにしよう。

※かじとじむ(当サイト)は、ふだんはネット情報のまとめサイトですが、ときどき管理人が読んだ本をまとめています。読書タグや、ざっくりまとめタグからどうぞ!


ロルフ・ドベリ著「ニュースダイエット」読みました。

News Diet
ロルフ・ドベリ
サンマーク出版
2021-02-10


本書は、

  • 「ニュースは害になる」(NEWS is BAD for YOU) という主張を中心に、
  • ニュース消費による具体的な悪影響や、それが起こる理由を解説し、
  • そのうえで、欲求をコントロールし、克服するための方法まで網羅された本

です。

===

目次から、おもしろかった見出しを抜粋していきます。

  • 1. 私がニュースを断つまで その1
  • 3. ニュースは、砂糖が体に及ぼす影響と同じような影響を精神に及ぼす
  • 4. 徹底的にニュースを断つ
  • 8. ニュースはあなたとは「無関係」である その2(思考実験)
  • 9. ニュースは「能力の輪」の外にある
  • 11. ニュースは「時間の無駄」である
  • 13. ニュースは「体に毒」である
  • 14. ニュースは「思い違い」を強化する
  • 15. ニュースは「後知恵バイアス」を強化する
  • 17. ニュースは「意見の火山」を活性化させる
  • 18. ニュースは「思考」を妨げる
  • 21. ニュースは私たちを実際よりも「卑小な存在」に感じさせる
  • 22. ニュースは私たちを「受け身」にする
  • 23. ニュースは「ジャーナリスト」によって書かれている
  • 25. ニュースは「創造力」を破壊する
  • 27. ニュースは私たちに「偽りの同情」を覚えさせる
  • 29. ニュースは「心の平穏」を破壊する
  • 31. 民主主義への影響 その1
  • 35. ニュースを断つ感覚

目次を読むだけでも、なんとなく
本書のスタンスが分かってもらえると思います。

===

本書を読んでとにかく驚くのは、
ニュースを見るのに、たくさんの時間を取られている
ということでした。

一般的なひとは、1年で、約1か月の時間を、
ニュースを見るのに費やしているそうです。

ということは、ニュースを見ないだけで、
1年が、13か月になるようなものです。

===

そして、ニュースのほとんどは、
わたしたちの人生に関係ない、スキャンダルでしかありません。

たとえば、テロが起こって多くの人が亡くなったというニュースは、
確かに痛ましい出来事です。

が、あなたの人生に、どれほど関係があるでしょうか。
きっと、次のニュースを見ているあいだに、
ほとんどのひとは忘れてしまうのではないでしょうか。

知人がその国に住んでいれば、心配になるかもしれません。
が、心配しても、どうしようもありません。
知人の安否は、知人本人に連絡が取れないことには
分からないからです。

===

ニュースを見ていなくて失敗した!
という経験を持つ人は、ほとんどいないのではないでしょうか。
必要な知識は、ニュースではなく、
しかるべき手段で知らされてくるものです。

===

ロルフ・ドベリさんの本は、
これまでもいくつか読んできました。

【読書】 なぜ、間違えたのか?:人が心理的に間違いやすいところ 51個
1: 無名の管理人 ID:kanriロルフ・ドベリ著「なぜ、間違えたのか?」を読みました。なぜ、間違えたのか?ロルフ・ドベリサンマーク出版2013-09-102: 無名の管理人 ID:kanri本書は、人間の心理的に間違いやすいところを...
【読書】統計の数字よりも、小説のほうが心を動かすわけ
ロルフ・ドベリ著「Think Smart」読みました。Think Smart  間違った思い込みを避けて、賢く生き抜くための思考法安原 実津サンマーク出版2020-03-06本書は、スイス出身の文筆家、経営者でもある著者が、心理的な思い込み...

どの本も面白かったのですが、
わたしとしては、本書が一番好きです。

なんとなく、「時間術大全」に似ているような感じもしました。

意味のないこと、それほど好きでもないことに時間を費やすのは、
もうやめたいですね。

===

なんとなく、時間が有効に使えていない気がする人には、
かなりお勧めの一冊になっています。

ぜひ読んでみてください。

かじとじむ のオススメ記事: